エレベーターの設備

案内するスーツ姿の女性

エレベーターは昇降設備として毎年一回点検を実施し、行政への報告をしなければならない対象の設備となっています。 建物の所有者やマンションなどの管理組合は点検報告以外に、エレベーターメーカーやエレベーター保守会社と契約し、毎月一回の保守点検を実施することが推奨されています。 エレベーターの保守契約に関しては、フルメンテナンス契約と、スポット契約の二種類があります。 フルメンテナンス契約で保守をする場合は、部品交換が必要な場合や、緊急時の対応などが必要な場合に、すぐに対応してもらえ、その都度費用はかかりませんが、年間の契約費用が高額となります。 スポット契約で保守をする場合は、部品交換や緊急時対応のその都度で費用が発生しますが、年間の契約費用は安くなります。 一般的に、エレベーターを設置して10年が過ぎるまではスポット契約とし、10年を過ぎた時点でフルメンテナンス契約にすることが費用的にも抑えられるメリットがあります。

エレベーターの保守の歴史と言えば、かなり古くなっていて、便利なエレベーターなどでもやはり機械である以上トラブルに巻き込まれる危険性もあります。 そう言った所を踏まえてエレベーターの保守点検を抜かりなく行う事が義務付けされていて、そこでエレベーターの保守点検により、普段から活用している方の安全が守られている状況にもあります。 まずはエレベーターを活用する環境にあるビルやエレベーターがしっかりと保守に守られている状況であれば、活用する上でのトラブルを回避出来る状況であり、とにかく安全安心での活用が当たり前の状況となります。 そこで法廷点検を行いながらエレベーターの安全を守る方もいる事で、普段の生活も円滑に行えます。